MYLAPS計測システム スピードスキー、クロスカントリー用

スピード競技用には自動車レースで持ちられているX2_260システムを使用します、時速200Km以上でも100%の精度を誇ります、クロスカントリーではProChipシステムを使用スポーツ分野において100%の精度を追求し、オリンピックゲームで使用される実力を誇っております、完全防水、耐衝撃性、軽さを備え、スケーターの靴に取り付けても、運動能力に支障をきたすことはありません常設型のアリーナの他、屋外のリンクにも対応し365日計測が出来ます
選手に取付けるトランスポンダー(発信機)にはユニークなID番号割振られ同じものがありません、選手が数年間同じトランスポンダーを使用する事により継続的に練習の過程を記録する事が可能です
2012年ソチ冬季オリンピックゲーム、スピードスケート皆様の記憶に浮かぶのは、オレンジ色のユニホームが表彰台を独占した光景ではないでしょうか?
金メダルの裏方となったのが、MYLAPS社ProChip X2システムです、毎日の練習でタイム計測、明確化する事で選手データを比較データ化、今までになり成果を引き出す事になりました
選手は靴に取り付けたトランスポンダーで計測ラインを通過後瞬時に電光掲示板に表示された、タイムを見ることができます、コーチは選手のタイムをストップウォッチではなく電光掲示板で確認し正確な指示を伝えます、1/1000秒までを計測しフォームとタイムを完全に把握

競技者だけではなく、施設管理側にもメリットがあります、温度の管理とタイムの関係を明確化、本番のコンディションを作り出す事が可能となります
X2システムは複数のリンクをネットワークで結びデータの一元管理を実現します、選手とトランスポンダーを紐付けすることで、選手の成長が瞬時に協会が把握、強化選手選考の目安となります、長期間全ての練習に使用することにより可能となります

Responsive image ProChip構成 システムはトランスポンダー、ループ、デコーダー、データサーバーそして計測ソフト、トラックセーフティイーで構成されています。各選手が取り付けたトランスポンダーが計測ループ上を通過した時にトランスポンダーから発信されているシグナルがループで探知され、そのシグナルはデコーダーに送られます。送られたシグナルはデコーダーによって通過タイムが付けられ、計測ソフトへ送られます。

1.トランスポンダーResponsive image ProChipトランスポンダーはユニークなID番号を与えます トランスポンダーは専用のクッションバンド又は結束バンドで取り付けます

2. ループResponsive image ループはコースのスタート・フィニッシュライン、複数の中間地点に設置され、付属品の同軸ケーブルでデコーダーに接続されます、ループ路面の上に設置しゴムマットを被せ保護します、常設コースでは埋め込みます

3.デコーダーResponsive image デコーダーはループから送られてきたIDシグナルに計測タイムを付け計測ソフト又はX2サーバーに送ります、3Gモデムを取り付け遠隔地からソフトにデータを送ります

4.計測ソフトResponsive image MYLAPS社では計測ソフト“オービット"を販売しています。 オービットを使用することによって容易に結果を出力できます、 Responsive imageまた、掲示板や他モニターにデータを表示することもできます。

5. スコアーボード TSCがLED看板のトップメーカーアメリカダクトロニクス社にOEM生産を依頼して実現した安価で長寿命のLEDスコアーボードがご利用いただけます。 放送設備用の大型ビジョンにも出力可能

6.Webアプリケーション CMSイベトマネージャーシステム、安価なWebエントリーシステムが構築可能

Responsive image Responsive image Responsive image Responsive image Responsive image Responsive image

下部のカテゴリーアイコンをクルックしてくださ